お薬のコト

薬局での求人を探したい薬剤師が知っておくと良いコツ

薬局で調剤をして働いていきたいという薬剤師が求人を探すときにはどのような職場を選んだら良いのでしょうか。この記事では薬局の種類や選び方など、職場探しをする上で役に立つ基礎的なポイントを紹介します。また、納得して働くことができる職場を見つけるためのコツも説明するので、より魅力的なところを選び出せるようになりましょう。

薬局には主に3種類ある

調剤をして働いていきたいと考えている薬剤師は職場の種類についての理解をしておきましょう。薬局は大きく分けると3種類あり、それぞれが異なる特徴を持っています。それぞれの特徴を理解して、調剤の仕事として自分が持っているイメージと照らし合わせてみましょう。

イメージに合っている種類を有力候補にして求人を探していくと魅力的な候補が見つかりやすくなります。1つ目は門前薬局で、薬学部の学生時代に実習に行く場合がほとんどなので最もイメージしやすい職場でしょう。病院やクリニックの近くに店舗が設置されているのが特徴で、その病院やクリニックで出された処方箋を持っている患者が訪れます。

いわゆる調剤薬局というと門前薬局のことを指している場合もあります。業務の大半は調剤と服薬指導で、若干量の健康食品などを販売している程度なのが特色です。処方箋枚数も多くてスピード感のある対応が求められます。

2つ目は在宅調剤薬局で、訪問調剤をするのが主な業務になります。患者の自宅や通所または入所している施設まで調剤した薬を持って行き、その場で服薬指導をするのが特徴です。自宅で治療を受けることを選んだ人に加え、介護を必要としている人や障害を持っている人が主な対象になります。

患者と寄り添う医療を行っていきたいという人から人気がある種類の薬局です。在宅のみの薬局も生まれてきていますが、全体としては店舗での調剤も行っている薬局が在宅業務にも対応するという形を取っているケースが主流なのが現状です。

3つ目は併設型薬局で、分類の仕方によってはドラッグストアと呼ばれています。ドラッグストアの場合には調剤業務を行っていない場合もあるので注意しましょう。併設型薬局は基本的には調剤が主業務ではないけれど、調剤のための受付窓口を設けている店舗です。

ドラッグストアだけでなくコンビニなどでも処方箋受付をするようになり、職場の幅が広がっています。主に商品販売をする現場なのでレジ打ちなどの販売業務も担当することも多いのが特色です。薬剤師も医薬品以外の品出しや在庫管理などを任されることも多く、店舗販売に関して幅広い業務を担うことになります。

(ドラッグストアの薬剤師の求人の分類と特徴を知ろう)

薬局での働き方は基本的にシフト制

薬剤師が薬局で働きたいと考えたときに押さえておきたいのが働き方の特徴です。シフト制が敷かれているのが一般的なのが薬局の特色としてよく知られています。

正社員の場合には9時から17時半といった形で時間が決まっている場合もありますが、営業時間が長い店舗が多いので時間帯が二つ以上に分かれていることも多くなっています。パートや派遣の人も働いている影響で正社員は人を確保できない時間帯に働くという形になっている場合もあるので注意しましょう。

シフトがどのようにして組まれているかについてはきちんと確認することが大切です。

就業形態は正社員がベストとは限らない

シフト制が取り入れられている影響もあって必ずしも正社員として働くのがベストとは限りません。就業形態もパートや派遣で働くのを含めて検討した方が良いでしょう。例えば、門前薬局で人手不足の現場の場合には、人材として獲得しやすいパートや派遣のシフトを優先することがよくあります。

正社員が時間をずらして働くことになり、特に土日祝日も開いているクリニックの門前薬局の場合には休日の仕事が増えがちなので注意しましょう。将来的に転職したり正社員登用を受けたりすることも可能なので、今はどういう働き方がベストかをよく考えて決めるのが大切です。

求人を見るときに重要なのは診療科と処方箋枚数

調剤を仕事にしていきたい薬剤師の場合には調剤業務に直結する二つの要素を求人で確認しましょう。一つは診療科で、主にどの診療科に対応しているかが一般的には明記されています。調剤はどんな処方箋にも対応できなければならないのが原則ですが、門前薬局で専門病院の近くにあるという場合にはその病院に設置されている診療科の処方箋がほとんどです。

診療科の種類によって薬剤師に求められる知識が異なるので確認をしておきましょう。もう一つ重要なのが処方箋枚数で、多いほど忙しくなることは確かです。ただ、多ければ経験を積めるというメリットもあるので働く目的に応じた選択が必要になります。

給与が上がりにくいのに注意しよう

薬剤師が薬局の求人を探すときには給料についても気を付けましょう。どの薬局でも年次昇給はあるのが一般的ですが、その割合があまり高くない場合が多いのです。また、昇進する機会が少ない現場がほとんどなので大幅な年収アップを見込むことができません。

そのため、採用された時点での年収が高いことが重要になります。正社員で働きたい場合には特に切実な問題なので年収にこだわりたい人は慎重に比較して職場を選びましょう。

最大のコツは譲れないポイントを具体化すること

薬剤師が薬局の求人を探すときに最も重要なコツは、これだけは譲れないというポイントを明確にしておくことです。

数字にできるものは数字で基準を作っておくのが良い方法で、例えば年収は550万円以上、通勤時間は30分以内、処方箋枚数は10枚~20枚などといった決め方があります。

このように具体性のある基準を設けておくことによってスムーズに求人を絞り込めるようになります。絶対に譲れないところがはっきりと決まっていれば求人がたくさんあっても魅力があるものだけを対象にして細かく見ていくことができるので、求人探しの時間や労力も軽減されます。

きちんと条件を満たしていればやりがいを持ちやすいのもメリットで、これから新しい職場で働いていくモチベーションを上げられるでしょう。

薬局の特徴を考慮して希望を決めよう

調剤をして働きたい薬剤師は薬局でどのような条件で働ければ満足できるのかを具体的に考えてから求人を選びましょう。

薬局の種類や働き方、就業形態に加えて、調剤にこだわるなら対応している診療科目や処方箋枚数も確認して決めるのが肝心です。

数字にできるものはきちんと自分なりの基準を決めて職場の候補を絞り込んでいきましょう。

Scroll To Top